毛根まで除去できるのはレーザー脱毛だけ!メリットとデメリットを正しく学ぼう!


レーザーの照射で毛根の機能を破壊できるのが特徴

レーザー脱毛は永久脱毛とも呼ばれていますが、その理由は毛根の機能を破壊できるためです。他の方法による脱毛は伸びた体毛を人為的に取り除くだけなので、日数が経つと再び体毛が生えてきます。その点、レーザー脱毛は毛穴の奥にレーザーを照射することで毛根を完全に焼き潰すので、一度処理を行った部分からは二度と体毛が生えることはありません。似た方法として光脱毛がありますが、レーザー脱毛のように毛根を完全に焼き潰すことができない違いがあります。脱毛処理の仕組みが根本的に異なるので、永久脱毛と呼べるのはレーザー脱毛だけと言えるでしょう。体毛の太さや固さ、生えている部位に合わせてレーザーの出力を調整できるので均一な仕上がりを期待できます。

脱毛効果が高い一方で肌への刺激が強い

毛根を焼き潰すことで永続的な効果が得られるレーザー脱毛ですが、レーザーによる肌への刺激は非常に強いので処理前後のスキンケアは欠かせません。特に脱毛処理後のスキンケアは医学的な見地に基づいた方法で行う必要があります。また、レーザーの出力調整を誤ると毛根が残ってしまうので、同じレーザー脱毛でも仕上がりの良し悪しに違いが生じる事実は無視できません。レーザー脱毛に使う機械は医療機器なので医師免許の所持者のみ扱うことができます。必然的に美容外科などの医療機関に限ってレーザー脱毛が行われる形になりますが、満足できる仕上がりにするためにも事前に評判を確認するのは必須と言えるでしょう。知名度や料金の安さだけで即決せず、技術力の高さや利用者の評価で決めることが重要です。

医療レーザー脱毛は、日焼けをしている人や産毛の多い人にはやや不向きですが、特殊なレーザー光線によりピンポイントでムダ毛が集中している箇所を綺麗にできます。