薄毛の進行を抑えるなら!agaの原因と正しい対策方法を知ろう


DHTの生成を抑制しよう

男性は女性に比べて薄毛が進行しやすい傾向にあります。男性の薄毛をagaと表現しますが、悪化を防ぐためにはその原因を知り、正しい方法で対処することも大事です。まず、agaの原因には男性ホルモンによる影響があげられます。男性ホルモンのテストステロンは5αリダクターゼという酵素と結びつくことでDHTへと変化します。このDHTは毛母細胞の働きを低下させるともいわれていますので、aga対策としてはDHTの生成を抑えることも考えていきたいところです。DHTの生成を防ぐ方法としては、薄毛治療を提供している医療機関で薬を処方してもらうことが効果的です。生活習慣が乱れていることもDHTを増やす要素となりますので、食生活や睡眠、運動なども見直してみましょう。

余計なストレスをためない

昔から、ストレスは髪に悪い影響を与えるといわれていますので、ストレスへの対策もしっかりとしておきたいところです。ストレスがたまると血行が悪くなるといわれていますが、頭皮の血行が悪くなると毛根に髪を育てる栄養素を十分に運べなくなってしまいます。運動や趣味に打ち込むこともストレス解消に役立ちます。そして、血行が悪くなっている場合は、血流を改善する努力もしてみましょう。運動や入浴も全身の血流を良くすることにつながりますし、頭皮マッサージや育毛ローションの利用も効果的です。マッサージと頭皮クレンジングができる美容室のヘッドスパなども定期的に取り入れてみるのもいいでしょう。頭皮の血管を拡張する医薬品もありますので、より効果的に抜け毛対策をするなら、医療機関への相談も考えてみましょう。

agaの治療は保険適用外の自由診療となっているので、クリニックによって値段が変わります。agaを仙台で治療する時は、通院のしやすさと値段の両面で比較検討をすることが大切です。