agaを改善するために切っても切れない要素である食生活について考えよう!

agaになりやすい食生活とは?

男性の外見についての悩みは色々ありますが、agaによる薄毛に悩んでいる人もいるのではないでしょうか。agaになってしまう原因には遺伝等色々ありますが、日々の食事というのも大いに関係しています。agaの原因になるような代表的なものに、偏った食生活というものがあります。特に、脂っこい食べ物が好きだという人は用心した方がよいでしょう。そうした食べ物の過剰摂取により脂漏性皮膚炎になり頭皮環境が悪化し、agaに発展してしまうというケースが後を絶たないようです。

また、食事の際等に過度な飲酒をすることも頭皮にはよくありません。過度な飲酒により血流が悪くなり、頭皮に栄養が行きにくくなるためです。さらに、寝る直前に食べる時がある、日によって食べる量が大きく違う等の不規則な食生活もagaの原因とされています。

agaを予防・改善できるような食生活とは?

では逆に、agaを予防・改善できるような食生活はどのようなものなのでしょうか。まずは、薄毛に効くとされる栄養素を摂れるような食材を意識して食べるということです。その中でも特に、良質なたんぱく質の存在はマストといえます。さらに、そのたんぱく質を髪の毛を構成する成分に変えやすくするのがシスチンという栄養素です。このシスチンが多く含まれるとされているのが、鶏むね肉や鰹、大豆等になります。こうした食材を意識して摂取し、より効果を高めましょう。

さらに血流を高めるという意味合いで各種ビタミン類やイソフラボン、栄養をより頭皮に運びやすくするためのミネラルも欠かせません。さらに、髪の毛の原材料となる細胞の毛包幹細胞を保護する役割を担うのがコラーゲンです。エビや鳥軟骨等の食材からはもちろん、サプリ等も活用するとよいでしょう。

AGA専門クリニックを探している方で、agaを新宿で治療する人が増えています。まずは、気軽に専門医に相談してみてください。