いったいどんな治療法なの?根管治療の概要

根管治療とはどのような治療か

虫歯になった際には、歯を削るなどして治療を施しますが、根管治療もそのような治療方法のひとつです。根管治療とは、虫歯部分をすべて取り除いた後に、さらに歯の神経部分を露出させて神経を取り除く治療方法のことをいいます。治療した部分はしっかりと消毒を施して、専用の薬品や歯の土台部分を入れて、再び虫歯になることを防ぎます。歯をそのまま抜くことなく、虫歯部分だけを取り除く治療方法といえるでしょう。

根管治療が必要なとき

根管治療が必要な場合は、主に三つあります。ひとつは虫歯が重篤化した場合です。虫歯が重症となり、炎症がどんどん広がっていくと、歯の神経部分にまで達することがあります。神経が壊死してしまう前に、神経を抜き取って治療をすることが必要です。ふたつ目が知覚過敏がひどくなった時です。冷たいものや些細な刺激が、むき出しの象牙質に当たった際に激しい痛みを伴う症状を知覚過敏といいます。この痛みがあまりにひどいときは、神経を抜き取ります。三つ目が、歯に亀裂が入った時です。歯に亀裂が入ると、その亀裂に菌が入り込み重篤な症状となりかねません。その治療の一環として神経を抜き取ることがあります。

根管治療のメリットとは

根管治療のメリットは、歯がそのまま残るということです。歯を抜き取らずに治療するので、治療後も元の歯を使って生活することができます。

根管治療のデメリットとは

根管治療のデメリットは、歯がもろくなりやすく、そして虫歯に気づきにくくなることです。血管と神経がないので、栄養が行き渡らず、痛みも感じにくくなってしまいます。

根管治療とは、歯の神経が感染や炎症を起こしている場合に行われる治療法です。治療の流れは神経を除去した後、根の中をしっかりと消毒し、詰め物をします。歯の根の中は複雑なため、治療回数が比較的多くなります。