渋谷で受けられる医療脱毛の種類は?医療機関以外との違いは何?


医療脱毛は2通りある

医療脱毛の種類は電気針とレーザーの大きく2通りに分かれていて、渋谷で受ける場合もそのどちらかになります。電気針の仕組みはシンプルで、毛穴に差し込んだ先端部分に電気を流して毛が生える仕組みを焼き切ります。それに対してレーザーは種類が豊富なのが特徴で、基本的には毛が持つメラニンに反応して熱を発生させて毛に関係する組織を破壊します。その他にもメラニンではなく毛の細胞に働きかけたり、周波数が違うなど、医療機関によって取り扱っている機械が違うことがあります。

永久脱毛ができるのは厳密には医療脱毛だけ

脱毛施術を受ける場合は、同じ毛穴から毛が生えてこなくなる永久脱毛の方が望ましいでしょう。そして電気針とレーザーの両方で、医療機関だと永久脱毛が実現できる可能性があります。その永久脱毛は医療行為と定められているため、医療機関以外では厳密には実現できません。したがってもし医師免許を伴わない脱毛施術を受けた場合は、永久脱毛ではなく毛の成長が遅れたり、全体的に薄くなる程度と考えた方が良いです。電気針だと医療機関でなくても永久脱毛が実現できるかもしれませんが、万が一のサポート面も考えると、信頼性が高いのはあくまでも医療機関だということを覚えておきましょう。

傷みの対策を用意しているところもある

医療機関での永久脱毛は、電気針・レーザー共に多少の痛みを感じるものです。そのため誰にでも向いているというわけではありません。ただその痛みの対策として、麻酔が用意されているところも多いです。本格的な麻酔は医師しか行ってはいけないので、医療脱毛だからできるサポートと言えるでしょう。

渋谷医療脱毛は、ライセンスを有する医療スタッフが対応することや、アフターケアが万全なことなどから、本格的な脱毛を希望する女性に支持されています。